イタリア遠征(6/2)

2019.06.03(月)
遠征6日目も、いつも通り起床し散歩と体操を行いました。今日はフレンドリーマッチがあるので、簡単な柔軟体操も行い、体と頭を働かせました。

photo

photo

朝食の後は、各自が準備をしてグラウンドへ向かいました。試合と同じようにミーティングをしてからフレンドリーマッチを行いました。

対戦相手は、イタリア・ローマ地区から来ている、Grifone Monteverde というクラブチームです。

9:00キックオフでゲームがスタートしました。20分x2本のゲームです。この後にも試合が組まれているため試合時間に制限がありました。

<先発メンバー>
GK:松本泰生選手、FP:田中脩翔選手、片桐大貴選手、土橋竜之介選手、砂押大翔選手、及川瑛太選手、野内俊選手、小菅晴輝選手、川村紀吏選手、村松智輝選手、豊島夢希選手

<後半のメンバー>
GK:岸野瑛太選手、宇野純平選手、片桐大貴選手、土橋竜之介選手、砂押大翔選手、玉木亜門選手、芝碧斗選手、荒川竜之介選手、増子英利選手、村松智輝選手、徳田誉選手

前半 0-1
後半 2-0
合計 2-1
得点者:徳田選手、荒川選手

前半に先制を許しましたが、後半に逆転して勝利で終わりました。個人の課題が見つかったので、日本に帰ってからも、日々のトレーニングで改善しなくてはいけません。

photo

photo

photo

photo

練習試合の後は、フットサル場にて8対8のスモールゲームを行いました。ストップ・ザ・ゲームで、今大会に出た課題のプレーが出たところで止め、全体で確認して修正しました。非常に良いトレーニングになりました。

photo

photo

photo

ホテルに戻り、シャワーを浴びて12:30から昼食をとりました。

大会本部には、優勝カップや記念Tシャツが飾られています。

photo

photo

試合会場で、今大会のいろいろな調整等をして頂いている関係者のアンドレア氏へユニホームを贈呈しました。練習試合の調整もして頂きました。

photo

午後は、決勝戦の観戦と表彰式の出席のため競技場へ15:15にホテルを出発しました。

photo

決勝戦と閉会セレモニーの会場は、予選リーグで試合をした会場です。

決勝戦は、ユベントスをPK戦で勝利したACミランとインテルに勝利したアタランタの試合です。

前半にリードを奪ったACミランが試合を優位に進めました。後半にアタランタが追いつき、試合は延長戦に突入。またしてもミランがリードしましましたが、粘り強く戦ったアタランタがPKで追いつき、最後まで決着がつかず、PK戦での決着となりました。

昨年度の大会で、アタランタに敗れたアントラーズですが、今年のアタランタ選手も身長の高い選手が多く出場していました。体が大きくスピード、テクニックのある選手がほとんどです。ACミランは、逆で身長はあまり高くないが、テクニックのある選手が多く出場していました。

PK戦は、両チームとも5人目までは確実に決めました。6人目と7人目で両チームが外し、9人目まで進みました。ここでミランは外しましたが、アタランタは見事に決めて優勝。優勝したアタランタは、最後まで諦めずに戦いました。

photo

photo

photo

photo

photo

閉会セレモニーでは、出場した全チームが集まり、各チームに出場の記念品が贈られました。

photo

ホテルに戻るとほとんどの大会参加チームはチェックアウトを済ませ非常に静かでした。

夕食を20:00からとり、22:30に消燈しました。

明日は、日本に向けてイタリアを出発します。