2020明治安田生命J1リーグ 第34節

2020年12月19日(土)  14:03 Kick Off

HOME 県立カシマサッカースタジアム

3

鹿島アントラーズ

  • 90' エヴェラウド

試合終了

1-1

0前半0
1後半1
16

セレッソ大阪

  • 83' 松田 陸

試合経過

三竿 健斗 イエローカード 32'
46' 交代 高木 俊幸 → 松田 陸
永木 亮太 イエローカード 56'
60' 交代 豊川 雄太 → 柿谷 曜一朗
永木 亮太 → 広瀬 陸斗 交代 64'
69' 交代 坂元 達裕 → 丸橋 祐介
ファン アラーノ → 松村 優太 交代 78'
三竿 健斗 → 遠藤 康 交代 78'
土居 聖真 → 荒木 遼太郎 交代 78'
83' ゴール 松田 陸
89' 交代 清武 弘嗣 → 都倉 賢
エヴェラウド ゴール 90'
エヴェの同点弾も悔しい引き分け。今季は5位でフィニッシュ

▼▼MATCH HIGHLIGHTS▼▼





明治安田生命J1リーグ最終節、カシマスタジアムでセレッソ大阪と対戦した。後半にカウンターからC大阪に先制点を許したが、試合終盤にエヴェラウドのゴールで同点に追いつく。来季ACL出場権獲得のためには勝利が必要なアントラーズはその後も怒涛の攻撃を仕掛けたが、あと1点を奪うことができず、1-1の悔しい引き分け。今季のJリーグは18勝5分11敗、勝ち点59の5位に終わった。

前節の清水戦は前半早々の2得点を守り切り、2-0で勝利した。ザーゴ監督は、試合を振り返って「もっと得点を取れたと思う」と語り、内容には満足していない様子だったが、それでも「今は内容も大事だが、勝つことが一番。まだACL出場権獲得の可能性がある。結果が出て良かった」と、勝ち点3という結果をポジティブに捉え、すぐに中6日のC大阪戦に向けて準備を始めた。

photo

photo

photo

photo

photo

先発は前節の清水戦から2名を変更した。試合直前のウォーミングアップで山本が負傷し、急きょ杉岡が先発出場し、ベンチには名古が入ることになった。ゴールマウスは沖が守り、最終ラインは右から永木、犬飼、町田、杉岡が並ぶ。中盤はレオ、三竿、アラーノ、土居が入り、2トップは上田とエヴェラウドのコンビとなった。そして、ベンチには、スンテ、広瀬、関川、遠藤、荒木、松村、名古が座った。

photo

立ち上がりは両チームともに積極的に攻撃を仕掛け、多くのシュートを放つ展開となる。ただ、互いに守備陣がゴール前で粘りをみせて、得点は生まれなかった。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

すると15分にアントラーズが決定機をつくる。左サイドから杉岡が低いクロスを送ると、相手のクリアミスでファーサイドまで流れる。これを永木が落とし、エヴェラウドがシュートした。シュートは良いコースに飛んだが、惜しくもポストに当たり、先制点にはならなかった。

photo

15分を過ぎると、試合はこう着状態に陥る。アントラーズはボールを動かしながら攻撃を仕掛けたが、C大阪のコンパクトな守備を前に攻めあぐねる展開が続いた。ただ、攻撃から守備への切り替えは早く、カウンターは許さなかった。そして、前半はこのまま最後まで両チームとも隙をみせずに戦い、0-0でハーフタイムを迎えた。

photo

後半に入ってもアントラーズはC大阪の堅固な守備に苦しめられる。後方から丁寧にパスを繋ぐも、なかなか効果的な縦パスを通すことができず、攻撃のテンポを上げることができなかった。逆に、前がかりになったところを狙われ、C大阪に決定機をつくられる場面もあった。

photo

photo

photo

photo

photo

こう着状態を打開すべく、指揮官は選手交代を決断する。64分には永木に代えて広瀬をピッチへ送り、78分には、三竿、土居、アラーノに代えて、遠藤、荒木、松村を投入した。しかしボールを圧倒的に支配しながらも、なかなか決定的なシュートは放つことができず、逆にC大阪の鋭いカウンターを喰らい、ピンチを招いた。

photo

photo

photo

すると、83分に痛恨の失点を喫してしまう。ペナルティエリア手前でこぼれ球を拾った松田に左足で見事なコントロールシュートを決められ、先制点を許してしまった。

それでも選手たちは下を向くことなく、チーム一丸でゴールを狙った。サポーターからの大きな手拍子も選手たちを力強く後押しした。

すると、90分に同点ゴールが生まれる。杉岡が前線の上田を目掛けてロングボールを送ると、ボールがこぼれる。これをエヴェラウドが右足でシュートし、ゴールネットを揺らした。土壇場で同点に追いつくことに成功した。

photo

photo

photo

ACL出場権獲得のために勝利が必要なアントラーズは、後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛ける。迫力のある攻撃でC大阪ゴールに何度も迫ったが、相手GKキム ジンヒョンの好セーブやゴールポストに阻まれて、あと1点を奪うことができなかった。そして、このまま1-1の引き分けで試合を終えた。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

この結果、ACL出場権獲得の目標は果たせなかった。あと1点に泣いた最終節。この悔しさは絶対に忘れない。タイトル奪還の決意を胸に刻み、来たる2021シーズンへの準備を進めていく。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo


【この試合のトピックス】
・エヴェラウドが今季18ゴール目
・今季のJリーグは18勝5分11敗、勝ち点59の5位で終了

スタッツ

鹿島アントラーズ セレッソ大阪
19 シュート 12
10 GK 12
10 CK 3
9 直接FK 16
0 間接FK 2
0 オフサイド 2
0 PK 0

試合データ

入場者数
11,251人
天候
晴、弱風
気温 9.1℃ / 湿度 28.0%
ピッチ
全面良芝
主審
今村 義朗
副審
武部 陽介
木川田 博信
第4の審判員
岡部 拓人