2022明治安田生命J1リーグ 第24節

2022年08月06日(土)  18:03 Kick Off

HOME 県立カシマサッカースタジアム

3

鹿島アントラーズ

試合終了

0-2

0前半0
0後半2
18

サンフレッチェ広島

  • 84' 川村 拓夢
  • 90'+5 エゼキエウ

試合経過

7' イエローカード ナッシム ベン カリファ
40' イエローカード 荒木 隼人
45' イエローカード 藤井 智也
46' 交代 ナッシム ベン カリファ → ドウグラス ヴィエイラ
アルトゥール カイキ → 仲間 隼斗 交代 70'
ディエゴ ピトゥカ → 舩橋 佑 交代 70'
73' 交代 森島 司 → エゼキエウ
73' 交代 藤井 智也 → 野上 結貴
樋口 雄太 → 土居 聖真 交代 74'
83' 交代 柏 好文 → 川村 拓夢
84' ゴール 川村 拓夢
キム ミンテ → 関川 郁万 交代 88'
広瀬 陸斗 → 安西 幸輝 交代 88'
90'+5 ゴール エゼキエウ
三竿 健斗 イエローカード 90'+5
90'+6 交代 満田 誠 → 柴﨑 晃誠
広島に0-2と敗戦

2022明治安田生命J1リーグ 第24節、カシマスタジアムでサンフレッチェ広島と対戦した。カウンターから川村、エゼキエウに得点を許し、0-2という結果に終わった。

前節の横浜FMは非常に悔しい完敗だった。だが、リーグ戦はまだ11試合も残っている。しっかりと気持ちを切り替えて、広島戦への準備を進めた。

photo

photo

なお、この試合は「イエローハット ハットの日 サンクスマッチ ~d払いマッチデー powered by NTTドコモ~」として、さまざまなイベントが開催された。

photo

photo

また、試合前には8月6日という日に際して平和を祈念し、黙とうを実施した。

photo

広島戦の先発は、GKがスンテ、最終ラインは常本、三竿、ミンテ、広瀬、中盤から前線は、樋口、ピトゥカ、和泉、カイキ、エヴェラウド、優磨が入った。ベンチには、沖、安西、関川、土居、仲間、舩橋、中村が座る。

photo

photo

立ち上がりから激しい球際の攻防が繰り広げられた。後方からボールをつなごうと試みる広島に対し、アントラーズは高い位置から連動したプレスを仕掛け、ボールを奪ってから素早いカウンターを繰り出す。アグレッシブな守備で少しずつ試合の流れを引き寄せていった。

photo

photo

photo

photo

photo

10分を過ぎたあたりから、アントラーズが余裕をもってボールを動かせるようになった。相手の背後を積極的に狙い、ゴール前まで攻め込んでいく。ただ、ミスから広島にカウンターを許す場面もあり、緊迫した攻防が続いた。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

両チームともに隙を見せず、互いに一歩も譲らない。チャンスの少ない均衡した展開となった。前半はこのまま得点が生まれず、スコアレスでハーフタイムへ突入する。

photo

photo

後半立ち上がりはアントラーズが押し気味に試合を進め、右サイドからの攻撃でゴールに迫った。

photo

photo

photo

50分には、樋口が鋭いクロスを供給し、塩谷のあわやハンドかというプレーを誘発。51分には、優磨のクロスからカイキがヘディングシュートを放つ。さらに、56分にはピトゥカのフリーキックからゴール前でのチャンスをつくった。

photo

photo

photo

photo

photo

しかし、時間の経過とともに、選手たちに疲労の色が見えるようになり、プレー強度が落ちてしまった。自陣深くまで押し込まれ、苦しい展開が続いた。

ただ、68分には決定機を迎える。カウンターからエヴェラウドが最終ラインの背後に抜け出し、ペナルティエリア内へ侵入する。だが、後ろから戻った荒木にタックルされ、エヴェラウドは惜しくもシュートを打てず、得点を奪うことはできなかった。

photo

運動量が低下した70分、カイキ、ピトゥカをベンチに下げ、仲間、舩橋を投入する。さらに、74分には樋口との交代で土居をピッチへ送った。

photo

photo

photo

photo

こう着状態が続く中、83分にチャンスをつくる。左サイドから広瀬がクロスを供給すると、ファーサイドに優磨が走りこむ。しかし、これはわずかに届かず、シュートを打つことはできなかった。

すると、チャンスを逸したあとに試合が動いた。84分、中盤でプレスを剥がされると、サイドの野上に展開される。野上のクロスを交代直後の川村に合わせられ、ゴールネットを揺らされてしまった。0-1と先制点は広島に渡る。

失点後、アントラーズはなかなか効果的な攻撃を仕掛けることができない。そこで88分、ミンテ、広瀬をベンチに下げ、関川と安西をピッチへ送った。

photo

photo

photo

攻めあぐねる展開のなか、カウンターから痛恨の2失点目を喫してしまう。中盤でボールを失うと、縦パスがエゼキエウに通る。ペナルティエリア内まで侵入され、右足を振りぬかれると、シュートはゴールネットに吸い込まれてしまった。

photo

そして、このまま最後まで得点を奪うことはできず、0-2という結果に終わった。

photo

photo

photo

次は8月14日、再びホームゲームに臨む。チーム一丸で勝利のためにできる準備を尽くす。

【この試合のトピックス】
・三竿が累積警告により、次節出場停止
・関川がリーグ通算50試合出場

スタッツ

鹿島アントラーズ サンフレッチェ広島
5 シュート 10
9 GK 7
2 CK 6
10 直接FK 11
1 間接FK 4
1 オフサイド 4
0 PK 0

試合データ

入場者数
19,745人
天候
曇、弱風
気温 24.1℃ / 湿度 82.0%
ピッチ
全面良芝
主審
清水 勇人
副審
聳城 巧
岩﨑 創一
第4の審判員
塚田 智宏
VAR/AVAR
鶴岡 将樹
山内 宏志