2021JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節

2021年05月05日(水)  15:03 Kick Off

HOME 県立カシマサッカースタジアム

3

鹿島アントラーズ

  • 31' 白崎 凌兵

試合終了

1-1

1前半1
0後半0
33

アビスパ福岡

  • 24' ジョン マリ

試合経過

24' ゴール ジョン マリ
白崎 凌兵 ゴール 31'
染野 唯月 → 松村 優太 交代 56'
67' 交代 北島 祐二 → 石津 大介
75' 交代 城後 寿 → ブルーノ メンデス
広瀬 陸斗 → 常本 佳吾 交代 75'
白崎 凌兵 → ファン アラーノ 交代 75'
82' 交代 吉岡 雅和 → 渡 大生
遠藤 康 → 町田 浩樹 交代 90'
ディエゴ ピトゥカ → 舩橋 佑 交代 90'
白崎の同点弾で1-1の引き分け。グループステージ突破を決める

▼▼MATCH HIGHLIGHTS▼▼






YBCルヴァンカップ グループステージ第5節、カシマスタジアムでアビスパ福岡と対戦した。先制点を許したものの、白崎のゴールで同点に追いつき、1-1の引き分けで試合を終えた。この結果、アントラーズのグループステージ突破が決定した。

直近の横浜FC戦は3-0で勝利した。チームの状況が少しずつ上向いている。試合後に相馬監督も「得点を取った形と時間帯が良かった。今日の試合に選手たちが集中してくれた証拠かと思う」と選手たちのプレーを高く評価していた。

ただ、過密日程は続く。チームは試合翌日から休むことなくトレーニングを行った。杉岡は福岡戦に向けて、「受けに回らないように自分たちから積極的に向かっていきたい。勝ってグループステージ突破を決めたい」と語っていたが、プレーオフステージ進出を決めるべく選手全員が士気を高めた。

photo

photo

photo

photo

photo

福岡戦の先発は、GKがスンテ、最終ラインは右から広瀬、林、関川、杉岡が入り、ボランチは永木とピトゥカがコンビを組んだ。サイドハーフは右に遠藤、左に白崎が入り、トップ下は小泉、1トップは染野が務めた。ベンチには早川、町田、常本、アラーノ、須藤、松村、舩橋が座る。

photo

photo

photo

photo

直近の横浜FC戦の反省を踏まえ、高い強度で試合に入ったアントラーズは、立ち上がりから決定的なシュートを放った。3分にはコーナーキックのこぼれ球から関川、6分にはカウンターから遠藤、16分には右サイドの崩しから永木が決定機を迎える。得点にはつながらなかったが、バリエーション豊かな攻撃をみせた。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

しかし、試合の主導権を握った中で一瞬の隙を突かれてしまう。24分、左サイドでボールを失うと、吉岡のスルーパスで城後に裏へ抜け出され、城後のラストパスをジョンマリに決められてしまった。0-1と福岡に先制点を許してしまう。

それでも、アントラーズは失点後すぐに得点を奪い返す。31分、小泉を中心に右サイドで細かくボールを動かし、広瀬がクロスを入れる。これをペナルティエリア内に走り込んだ遠藤が受け、ヒールで落とすと、これに白崎が反応し、走り込んで左足で合わせた。シュートはゴールネットに吸い込まれ、アントラーズが1-1と同点に追いついた。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

得点後のアントラーズは、細かいパス交換で福岡のプレスを回避し、試合の主導権を握った。得点にはならなかったが、福岡の守備を完全に崩し、小泉や遠藤がゴール前でシュートを放つ場面もあった。しかし、守備面では最終ラインの背後を取られる場面が目立ち、不安定さを露呈した。ただ、スンテのビッグセーブに助けられて2失点目は許さず、このまま1-1の同点でハーフタイムに突入した。

photo

photo

photo

photo

後半に入っても、試合の流れは変わらない。ボールを支配するアントラーズとミスを突いてカウンターを狙う福岡という構図となる。ただ、両チームともにチャンスをつくるが、なかなか得点が生まれなかった。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

時間の経過とともに福岡のプレー強度が上がり、アントラーズは効果的な攻撃を仕掛けることができなくなる。流れを変えるべく、56分には染野との交代で松村を投入し、75分には広瀬と白崎をベンチに下げて、常本とアラーノをピッチへ送った。しかし、大きく試合展開は変わらずこう着状態が続く。そこで90分に遠藤とピトゥカを下げて、町田と舩橋を投入した。

photo

photo

photo

photo

photo

後半アディショナルタイムに入ると、両チームともに1本ずつ決定的なシュートを放つ。しかし、これもゴールを割るまでには至らず、結局このまま1-1で試合終了。引き分けに終わったが、勝ち点を11まで伸ばしたアントラーズがグループステージ突破を決めた。

photo

photo

photo

photo

次は中3日でリーグ第13節のFC東京戦に臨む。ホームで勝利を掴み取るべく、チーム一丸で準備を進めていく。

【この試合のトピックス】
・白崎が今大会2ゴール目
・ピトゥカが加入後初の公式戦先発出場

スタッツ

鹿島アントラーズ アビスパ福岡
14 シュート 11
8 GK 8
7 CK 6
8 直接FK 11
4 間接FK 0
4 オフサイド 0
0 PK 0

試合データ

入場者数
8,343人
天候
雨、弱風
気温 21.2℃ / 湿度 48.0%
ピッチ
全面良芝
主審
中村 太
副審
八木 あかね
淺田 武士
第4の審判員
金次 雄之介