ホームタウン小学校訪問:神栖市立深芝小学校

2014.11.12(水)
10月29日に柴崎選手と伊東選手が神栖市立深芝小学校を訪問しました。約200名の児童と体育館で、○×クイズやじゃんけん列車などを行い交流をしました。
photo

エスコートキッズと入場する柴崎選手と伊東選手。


photo

5年生と6年生が参加。


児童が考えたアントラーズや選手に関する○×クイズでは、柴崎選手の兄弟の数や伊東選手の視力など、難しい質問が出題されました。選手たちはわざと間違えた回答をしていましたが、全問正解をする児童もいました。
photo

ジャンケン列車では、児童たちがジャンケンをする前に柴崎選手の後ろにつかまり、列車は横にも広がって飛行機のようになっていました。
photo

photo

児童とリフティングパスをする選手たち。


photo

2人でパスのデモンストレーション。


photo

ヘディングパスで頭にボールを乗せて拍手を浴びる柴崎選手。


photo

校長先生と鳥かごを実施。


photo

児童代表は何度かパスカットに成功。


photo
小さなゴールを目がけてシュートを狙うも3本中2本を外し、ブーイングを浴びた柴崎選手

photo

3本全てを決めた伊東選手には拍手喝さい。


photo

児童に引きずりこまれる伊東選手とそれを助ける柴崎選手。


体を動かした後は質問コーナーとなりました。
photo

何歳からサッカーを始めたのかを聞かれ、「これくらい小さい時に」と手で示す柴崎選手。


photo

今後の夢を聞かれ「アントラーズを背負って立つ選手になること」と答えた伊東選手。


photo

お礼の言葉を読み上げる児童。


photo

花束をプレゼントされた選手たち。


photo

周りの児童から羨ましがられる中での記念撮影。


photo

児童たちとハイタッチをしながら退場する選手たち。


photo

校長室で児童会からお礼を受ける選手たち。



photo