放射能と安全に関するセミナー

2011.03.31(木)
本日、スタジアムのミーティングルームで「WITH HOPEプロジェクト」の一環として、「放射能と安全に関するセミナー」が行われました。これはアントラーズの選手およびスタッフを対象としたもので、現在茨城県を苦しめている福島第一原発の風評被害を防止・抑制のため、正しい知識を身につけることが目的としたセミナーです。

photo



講師は、アントラーズと提携関係にある茨城大学から高妻孝光先生と田内広先生の2人です。高妻先生は応用粒子線科学、田内先生は放射線生物学を専門とされています。

photo


高妻先生



photo


田内先生



お2人から放射能・放射線に関する基本知識、そして人体への影響に関して詳しい話をお聞きしました。現在、測定されている全国各地の放射線量は全く慌てる必要のないレベルだそうです。

photo



お話の後は選手たちやスタッフからも質問があり、予定よりも長い1時間半のセミナーとなりました。最後に井畑社長から、「正しい知識を身につけ、風評被害の原因となるような行動は慎もう」という挨拶がありました。

photo



なお、TV報道などだけでは不安のある方は、日本放射線影響学会の有志の皆さんが受付・更新している「福島原子力発電所の事故に伴う放射線の人体影響に関する質問窓口 (Q&A)開設について」をご覧ください。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/rb-rri/gimon.html