宮崎キャンプトレーニング最終日

2014.02.08(土)
12日間に渡って行われた宮崎キャンプも、最終日となりました。午前練習はウォーミングアップ後に戦術練習が行われ、監督から選手の動き方やポジショニングなどの指示がりました。その後、ディフェンスラインの選手たちは守備練習、それ以外の選手はシュート練習を行いました。
photo

鳥かごをする選手たち。


photo

戦術練習で大きな声を出して指示をするトニーニョ セレーゾ監督。


photo

監督の話に聞き入る青木選手。


photo

守備練習をするDF陣。


photo

シュート練習で、的確にコースを狙って蹴るルイス アルベルト選手。


photo

得意の左足でシュートをする遠藤選手。


photo

練習に視察に来た秋田氏が昌子選手と植田選手にアドバイス。


photo
本山選手「練習試合では、もっと合わせていかなくてはいけないプレーがあったけれども、ボールもよく動いていた。まだまだな部分もあるが、みんな精力的に取り組んでいるので、ステップアップしていると思う」

photo
中田選手「肉体的に追い詰めるキャンプが出来た。久しぶりにきつく良いキャンプが出来たと思う」

photo
柴崎選手「3冠を狙える可能性があるので、一つ一つタイトルを取って、結果的に全てのタイトルが取れれば良い」

photo
トニーニョ セレーゾ監督「日本のサッカーの日程はタイトである。僕はもっとタイトになると予想している。よって若くて走れる選手で戦っていくしかない。走りながら上手くなってもらう」

photo