ACL特集 FCソウル戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)

2011.05.24(火)
強い日差しが照りつける中、チームは公式練習を9時30分から行いました。

photo鳥かごは終始笑いが絶えず、良い雰囲気。


photoパス練習で体をほぐす選手たち。


photoミニゲームでは、オリヴェイラ監督チームが円陣を組んで本気モード。


photoアレックス選手の攻撃を防ぐ興梠選手。


photoオリヴェイラ監督の突破をお尻でブロックする小笠原選手。


photo浮き球で突破するオリヴェイラ監督


photo   photo
Choi Yong Soo監督:
相手はJリーグを代表するチームなので、この日韓対決は緊張感のあるダイナミックな展開になる。ホームの試合なのでアドバンテージもあるからいい結果を残したい。シーズン中に絶対に勝たないといけない試合があるが、明日の試合はそれにあたる。Jリーグでの5年の経験を選手に伝えているし、アントラーズの選手を把握している。メンバーが変化してないのでFCソウルに有利に動くと思う。
  Dejan Damjanovic選手:
明日は重要な試合になることを選手たちは認識している。一発勝負なので力をあわせて勝ちたい。個人プレーよりもチームプレーでアントラーズの守備を崩したいと思う。2010年のリーグ優勝Tシャツを着てきたのはその時と同じようになればと考えてのこと。

photo   photo
オリヴェイラ監督:
明日の試合は次の目的を達成させる大事な試合。2年前と対戦しているが、メンバーも監督も違うので、過去の経験が生かされる事はない。Jリーグの結果が芳しくないが、ACLと両方を高いパフォーマンスをキープするのは難しい。Jリーグはホームでのサポーターの声援を受けるのが難しい中での試合が続いている。しかしACLでは無敗でグループリーグを突破しているので、明日の試合にも自信を持って臨めると思う。
  曽ヶ端選手:
次のラウンドに進めるようにアウェイだが良い結果を残して帰れるようにしたい。2年前の対戦で負けているが選手も監督も変わっている。こちらはやるべきことをするだけ。Choi Yong Soo監督はJリーグのオールスターで一緒にプレーした経験があるし、韓国の偉大な人物。でも、だからといって自分のプレーに影響がでることはない。