ACL特集 シドニー戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)

2011.05.09(月)
選手たちは9時より公式練習を行いました。また午後からは国立競技場にて公式記者会見が開催され、オリヴェイラ監督、選手が出席しています。

photo鳥かごでウォーミングアップ。


photo熱い視線で練習を見守るオリヴェイラ監督。


photoシュート練習前にリラックスする選手たち。


photoヘディングシュートを決めるカルロン選手。


photoボレーシュート、ヘディングシュートを次々と決めた岩政選手。


photo色々なクロスを試していた西選手。


photo公式会見で揃った両チームの監督と選手。


photo

  photo
Vitezslav Lavickaka監督:
決勝トーナメントへの進出が無い事は理解しているが良いパフォーマンスを見せたい。アントラーズが強い事も理解しているし、明日も難しい試合になることは分かっている。危険な選手も2人いるが、組織力として危険なチームだ。アントラーズは勝点で水原と並んでいるので、勝ちに来ると思う。
  Terry MCFLYNN選手:
今シーズンは困難なシーズンとなったが最後の試合なので良い形で終えたい。アントラーズは強いチームだと思うし、選手をうまくローテーションさせている。決勝トーナメントへ進出できないが情熱とハングリー精神は消えていない。

photo

  Hirofumi MORIYASU選手:
今回の試合は特別な意味を持って戦いたい。シドニーの選手はプロ意識が高いので最後まで思いっきり戦う。アントラーズは質の高いチームで個々の能力も高いが良い結果で終えたいと思う。

photo

 

photo

オリヴェイラ監督:
明日の試合は何が起こるか分からないので、戦ってみて結果がどうなるか分かると思う。シドニーは予選リーグ敗退が決まっているので、失うものは何もないし、余計なプレッシャーもないので自由にプレーが出来ると思う。ラウンド16の事よりも明日は厳しい試合になるので勝つ事に集中している。
  青木選手:
コンディションに問題もないので、アントラーズにとって良い結果になるように全力で戦いたい。シドニーの危険な選手に起点を作らせないようにしたいと思う。まだ出場するメンバーはわからないが、出場した選手の特長を活かしてプレーができると思う。