2020明治安田生命J1リーグ 第30節

2020年11月29日(日)  15:03 Kick Off

HOME 県立カシマサッカースタジアム

3

鹿島アントラーズ

  • 11' 上田 綺世
  • 50' 上田 綺世
  • 64' エヴェラウド
  • 81' レオ シルバ

試合終了

4-0

1前半0
3後半0
4

浦和レッズ

試合経過

上田 綺世 ゴール 11'
36' イエローカード 長澤 和輝
41' イエローカード レオナルド
上田 綺世 ゴール 50'
57' 交代 汰木 康也 → 武藤 雄樹
57' 交代 長澤 和輝 → エヴェルトン
エヴェラウド ゴール 64'
66' 交代 青木 拓矢 → 伊藤 涼太郎
上田 綺世 → 遠藤 康 交代 72'
78' 交代 興梠 慎三 → 杉本 健勇
78' 交代 マルティノス → 宇賀神 友弥
レオ シルバ ゴール 81'
ファン アラーノ → 永木 亮太 交代 83'
土居 聖真 → 松村 優太 交代 83'
小泉 慶 → 広瀬 陸斗 交代 83'
エヴェラウド → 伊藤 翔 交代 83'
90+2' イエローカード 山中 亮輔
ホームで圧巻の4ゴール!無失点完封勝利!

▼▼MATCH HIGHLIGHTS▼▼





明治安田生命J1リーグ第30節、カシマスタジアムで浦和レッズと対戦した。前半に上田のゴールで先制に成功すると、後半に再び上田が決めて、リードを2点に広げる。さらに、エヴェラウド、レオが追加点を奪って4点差にすると、守備陣も要所を締めて4-0で完封勝利を飾った。

前節の柏戦は1-4と非常に悔しい敗戦となった。だが、中3日で浦和戦が控えており、落ち込んでいる時間はない。小泉は「試合はすぐに来るので切り替えたい。残り3試合。すべて勝てば今とは違った順位に入れると思う。勝ちにこだわって、前半に失点しないことと立ち上がりをもっと大事にしていきたい」と語り、選手たちはすぐに気持ちを切り替えていた。

photo

photo

photo

チームは休む間もなく浦和戦に向けた準備を始めた。試合翌日の11月26日には、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者判定を受けた町田が隔離措置期間を終了し、トップチームへ合流。JFA・Jリーグ特別指定選手の常本は明治大学の練習に復帰した。翌27日には、杉岡、荒木、関川、山田が隔離措置期間が終え、全体練習に合流した。

先発メンバーの変更は前節から1名のみで、奈良に代わって町田が入った。ゴールマウスは沖が守り、最終ラインは右から小泉、犬飼、町田、山本が務める。中盤はレオ、三竿、アラーノ、土居で、前線はエヴェラウドと上田が入った。ベンチには、スンテ、広瀬、永木、遠藤、荒木、松村、伊藤が座った。

photo

photo

浦和のキックオフで試合が始まった。試合序盤のアントラーズは、前線から強度の高いプレスをかけて、ボールの即時奪回を目指す。一方、浦和も高い位置からプレスをかけてきたため、中盤で激しい球際の勝負が繰り広げられた。

photo

一進一退の攻防となったが、アントラーズはサイドから積極的にクロスを入れて決定的な場面を作り出し、主導権を手繰り寄せていった。すると、11分に試合が動く。左サイドに流れたエヴェラウドが右足でインスイングのクロスを入れると、上田が勢いよく飛び込む。ヘディングシュートはゴール左隅に決まり、アントラーズが幸先よく先制に成功した。

photo

photo

photo

先制点が決まった後は、浦和に押し込まれ、何度もゴールを脅かされたが、守備陣が最後の最後で体を張り、得点を許さない。15分にはレオナルドの決定的なシュートをゴールカバーに入った山本が間一髪でクリアし、何とか凌いだ。

photo

photo

photo

photo

photo

さらに、前半終了間際の45分にもカウンターからピンチを招く。マルティノスのシュートが山本に当たり、コースが変わる。ボールはポストに当たったが、失点にならなかった。

苦しい時間帯を一丸となった守備で耐え凌ぎ、このまま1点のリードを保ってハーフタイムに突入した。

photo

photo

後半立ち上がりからアントラーズは勢いよく攻撃に出る。すると、早々に試合が動いた。50分、アラーノからのパスを受けた上田がペナルティエリア手前から鋭く右足を振り抜く。強烈なシュートは相手GK西川の手を弾き、ゴール左隅に突き刺さった。2-0とアントラーズがリードを広げた。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

ここから試合は徐々にオープンな展開となった。浦和の陣形が徐々に間延びしたこともあり、アントラーズのカウンターは鋭さを増していく。すると64分、相手のパスミスを奪ったアラーノがスルーパスを送ると、エヴェラウドが反応した。エヴェラウドは相手GKとの1対1を制し、シュートをゴールネットに突き刺した。アントラーズはエヴェラウドの今季17ゴール目でリードを3点差に広げる。

photo

photo

photo

photo

photo

試合をコントロールしたいアントラーズは、72分に最初の選手交代を行う。2ゴールを決めた上田との交代で遠藤を投入した。

photo

すると81分に再び試合が動く。レオからのパスを受けた土居がペナルティエリア内でキープし、リターンパスを送る。これをレオがダイレクトでシュートし、ゴールへと流し込んだ。レオの今季初ゴールでリードを4点差に広げる。

photo

photo

photo

photo

得点直後の83分、アントラーズは4人の選手交代を行う。アラーノ、土居、小泉、エヴェラウドを下げて、永木、松村、広瀬、伊藤翔をピッチへ送った。

photo

photo

photo

photo

photo

途中交代の選手たちはチームに活力を注入し、攻守両面の強度を落とさなかった。このまま最後まで集中力を切らすことなく戦い抜き、無失点で試合をクローズすることに成功。4-0で完封勝利を飾った。

photo

次は12/12(土)ホーム清水戦だ。ACL出場権獲得に向けて絶対に勝ち点3が必要となる。清水戦の勝利だけを目指して、これからもチーム一丸で準備を進めていく。

photo

photo

【この試合のトピックス】
・上田が今季7ゴール目、8ゴール目
・エヴェラウドが今季17ゴール目
・レオが今季初ゴール
・上田がLIXIL賞を受賞

スタッツ

鹿島アントラーズ 浦和レッズ
21 シュート 15
8 GK 8
7 CK 8
7 直接FK 20
1 間接FK 4
1 オフサイド 4
0 PK 0

試合データ

入場者数
11,645人
天候
曇、弱風
気温 13.3℃ / 湿度 44.0%
ピッチ
全面良芝
主審
西村 雄一
副審
唐紙 学志
大川 直也
第4の審判員
赤阪 修