第37回全日本少年サッカー大会 決勝大会 5日目

2013.08.02(金)
本日はいよいよベスト4の戦いとなる準決勝でした。

相手は三重県代表「大山田SSS」。
昨日の準々決勝で「大宮アルディージャ」を下しての準決勝進出チームです。
photo

photo   photo


昨日までの会場も変わり、選手たちも緊張した面持ちでしたが序盤から集中して試合に臨めました。

開始早々に中盤で生井澤のカットから大山がつなぎ、最後は栗俣が豪快にシュートを決め先制しました。

その後、またも中盤での根本のカットから栗俣、久保田とつなぎ最後は相手GKがでてきたところを流し込み追加点を奪い、前半を2-0で折り返しました。

後半にはいっても相手FWの前での積極的なボールカットからリズムをつかみ、右サイド根本から中央の久保田につなぎゴールを奪いました。

そして中央栗俣から久保田につなぎ冷静に相手GKをかわして、本日ハットトリックとなる3点目をゴールに流し込みました。

その後は相手のシュートをGK山田のファインセーブなどでしのぎ4-0での勝利となりました。

photo

photo

photo

photo

8,981チームの頂点を決める決勝戦は9時半キックオフで相手は愛知県代表「名古屋グランパス」です。
選手・スタッフ一丸となって戦います!

詳細は下記HPでご覧ください

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2013/0803zensho/index.html

第37回全日本少年サッカー大会 決勝大会 準決勝試合結果
鹿島アントラーズ 4 2 前半 0 0 大山田SSS
2 後半 0
得点者:栗俣翔一、久保田慧×3


小谷野監督
試合への入り方がよく、早い時間に点が取れたことが大きかったです。相手はうまい選手も多く、危ない場面もあったので、点差ほどの力の差があったとは思いません。みんな頑張っていたのですが、やっぱりフォワードの2選手がゴールを決めるとチームに勢いがつきますね。決勝で対戦するグランパスはうまい選手が多く、レベルの高いチームです。簡単な試合にはならないと思いますが、5年前、いまの高校3年生たちが決勝で、そして他の先輩たちも果たせなかった全国優勝という目標をなんとしても達成したいと思います。初優勝に向けて、あと1日、しっかり準備して臨みたいと思います。皆さん、応援よろしくお願いします!

大山キャプテン
鹿島ジュニアはいままで準優勝という成績が最高です。準優勝より上は優勝しかないので、明日勝って、僕たちが優勝したいと思います。決勝で対戦するグランパスはすごく強いチームだと思います。それでも勝てない相手ではないし、今の僕たちならやれるという自信もあります。その自信が過信にならないように、引き締めて、明日の決勝を戦いたいと思います。