第37回全日本少年サッカー大会 決勝大会 4日目

2013.08.01(木)
【鹿島ジュニア】

本日より決勝トーナメントがスタートしました。準々決勝の相手は昨日の予選2次リーグで「ヴェガルタ仙台」に勝利した千葉県代表「柏レイソルTOR」です。

photo   photo

序盤より緊迫した展開の中で鹿島も何度かチャンスをつくりますが、柏レイソルTORも集中したデフェンスからのカウンターでチャンスをつくります。前半はお互いに決定機を生かせないまま0-0で終了いたしました。

photo   photo

エンドの変わった後半早々1分に鹿島は右コーナーキックのチャンスを得ます。キッカーは全試合で司令塔として活躍する大山です。中央にふわりとあげたボールでCBの生井澤がしっかりと頭で合わせ。先制点を奪います。

その後は相手のドリブン突破や巧みなパスワークでシュートまでもちこまれますが、SB山口やGK山田の体を張った守備でしのぎます。

すると後半15分に先制点と同じCKより中央で、またも生井澤が打点の高いヘディングでゴールを奪います。

その後は一進一退の攻防が続きますが、しっかりとした守備で得点を許さず、2-0での勝利となり、準決勝進出が決定いたしました。

静岡まで多くの保護者の方の応援もあり、アントラーズの公式戦さながらの応援チャントが響きました。

photo   photo

明日は三重県代表「大山田FC」と決勝戦進出をかけて戦います。

詳細は下記HPでご覧ください。
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2013/0803zensho/index.html